愛犬を事故から守るために気をつけるべきこと

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことへアクセスありがとうです。ご覧のホームページは、犬の薬につきまして具体的に明らかにしたいと思っている皆さんに役に立つ内容いろいろあります!ご覧のホームページなら確実に皆さんの疑問に思っていることを解決できちゃいますよ! - 犬を飼うなら知っておきたい不意な事故のこと

犬を飼うなら知っておきたい不意な事故のこと

すでに犬を飼っている人も、これから飼う人も、是非知っておきたい愛犬の不意な事故。予期せぬ事故から愛犬を守るのは飼い主しかいません。これまでに起きた事例を知ることで、事前に事故を防ぐことができます。愛犬と一日でも長い時間を幸せに過ごすために、飼い主が日々の生活の中で気をつけるべきポイントをまとめました。

室内犬として愛犬を飼うなら整理整頓、掃除は必須

住宅の敷地スペースが狭く、マンションなどで生活する人の多い日本では室内犬として飼われる犬が多いというのが現状です。
室内犬として、住宅の中で愛犬を飼うなら、飼い主は室内の整理整頓を心がけ、床や愛犬の行動する範囲に物を置かないようにしましょう。室内で飼う愛犬の事故として非常に多いのが誤飲です。
特に、ネジや小さな部品はおもちゃの一つとして、口に入れて噛んでいるうちに簡単に飲み込んでしまうこともあります。万が一飲みこんでしまった場合には、すぐに動物病院や獣医を呼ぶなどして、飲み込んだ物を取り出す処置をしてもらう必要があります。取り出す処置としては、まだ時間が浅ければ嘔吐させる薬で、吐かせることによって出てくる場合もありますが、最悪の場合、開腹手術により、飲み込んだ物を臓器から取り出さなければなりません。
また、チョコレートやネギ類など犬が食べてはいけない食品を出しっぱなしにしてはいけません。危険な食品を食べてしまった場合、犬の体の中で消化され重度の障害や最悪は死にいたることもあります。
飼い主はどんな小さな物でも放置せず、常に愛犬の届かない所に整理整頓することを心がけましょう。

愛犬を守るための「しつけ」

犬はとても頭の良い動物です。きちんと飼い主と信頼関係を築くことができれば、しっかりとしつけを行うことができます。
愛犬のしつけは、不意な事故から守るための最低限必要な手段です。愛犬との遊びの中で、飼い主の言う事を聞くという基本的なしつけを日常から意識して行いましょう。
特に、「入ってはいけない場所」、「やってはいけないこと」、「食べてはいけないもの」がちゃんと判断できるようにしつけることが必要です。
また、日頃からドッグフードやおやつ以外のものを食べさせないことも大切です。
可愛い愛犬が飼い主の食べているものを欲しがると、ついつい甘やかして、少しだけ与えてしまうような行為も犬にしてみれば、「何でも食べてよい」という判断につながってしまいます。愛犬には愛犬用のドッグフードやおやつを与えましょう。
飼い主の言葉は絶対であると犬に知らせるために、飼い主は犬の言いなりになってはいけません。犬にとって従うべき主人がいることは幸せで安心なことなのです。

新着情報

◆2016/08/25
愛犬の事故は何気ない日常で起こるを新規投稿しました。
◆2016/08/25
室内で起こりやすい事故事例を新規投稿しました。
◆2016/08/25
日頃のスキンシップで見えない怪我や傷を発見を新規投稿しました。
◆2016/08/25
意外と多い犬の目に関する事故や病気を新規投稿しました。
◆2016/08/25
大切な愛犬を骨折から守るを新規投稿しました。