大切な愛犬を骨折から守る

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことへアクセスありがとうです。ご覧のホームページは、犬の薬につきまして具体的に明らかにしたいと思っている皆さんに役に立つ内容いろいろあります!ご覧のホームページなら確実に皆さんの疑問に思っていることを解決できちゃいますよ! - 大切な愛犬を骨折から守る

愛犬を事故から守るために気をつけるべきこと

大切な愛犬を骨折から守る

最近では、トイプードルやチワワといった小型犬もとても人気があります。小型犬や足の細い犬は特に骨折に気をつける必要があります。

抱っこは落ちないように気をつけて

体重10キロ以内くらいの犬であれば、飼い主が抱きかかえるような事もよくあります。飼い主がしっかり抱いていれば問題ないのですが、まだ経験値の少ない子犬やしつけのされていない犬の場合、暴れて腕から落ちてしまったり、飛び降りたり、嫌がって、抱いている腕に噛み付いて飛び降りて、足を骨折することがあります。
飼い主ではなく、遊びにきた客が急に抱っこをすることで落としてしまう事もあります。抱っこしている時に何かに驚いて、落としてしまう事もあります。小型犬にとって、人間の胸のあたりから落ちる事はかなりの負担となりますので、抱っこの際は犬を驚かせたり、無理矢理抱っこしたりはせずに、注意して抱きかかえましょう。

小さな子供と遊ばせる時は注意

加減を知らない小さな子供と愛犬を遊ばせるときには、大人がちゃんと見て、注意する必要があります。犬の足の骨は細くて、繊細です。小さな子供の力でも簡単に折られてしまいます。子供は犬が嫌がっているかどうかがわからず、面白がって犬をおもちゃやぬいぐるみのように扱ってしまうことがありますので、気をつけてください。
また、面白がって、高い場所に置いたりしないように、大人が責任をもって遊ばせましょう。

カルシウムやタンパク質、栄養バランスを考えて

愛犬の骨を強くするために、カルシウム入りのフードを与えるのも良いです。また、おやつに犬用の煮干しや小魚などもカルシウムの補給になります。必ず犬用を与えてください。人間用の煮干しや小魚は塩分が強く、味付けがされているものもありますので、与えてはいけません。
煮干しや小魚を与えすぎると尿管結石になりやすくなる犬種もありますから愛犬に与えても良い最適量を把握しましょう。
カルシウムだけを与えてもいけません。骨の周りを支える筋肉を育てるためにもしっかりとタンパク質も必要ですし、健康的な体を作る為にはビタミン、ミネラルなど、バランスの良いフードやおやつを選びましょう。
犬の年齢や状態に応じて、フードを変えて、愛犬を骨折から守りましょう。

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことTOPへ