室内で起こりやすい事故事例

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことへアクセスありがとうです。ご覧のホームページは、犬の薬につきまして具体的に明らかにしたいと思っている皆さんに役に立つ内容いろいろあります!ご覧のホームページなら確実に皆さんの疑問に思っていることを解決できちゃいますよ! - 室内で起こりやすい事故事例

愛犬を事故から守るために気をつけるべきこと

室内で起こりやすい事故事例

室内犬として犬を飼っていると家の中で起こる事故があります。ここでは、実際に起こった事例を交えながら未然に事故を防ぐポイントについて考えます。

酒やタバコ、食べてはいけないものの誤飲

犬は、なんでも良くにおいを嗅ぎ、噛んだり、食べたりしてしまうことがあります。またリードでつなぎながらの散歩とは違い、何かあった場合にすぐに静止することができなかったり、少し目を離した隙に食べてしまうことがあります。
実際にタバコの吸い殻を食べてしまった事例や晩酌中のお父さんのお酒を飲んで急死してしまったという事例があります。人間にとっては少量でも犬にとっては、消化しきれない量であることが多いのです。
予期せぬ悲しい事故につながらないように犬の届く場所には食べては危険なものを放置してはいけません。

真夏の高温による熱中症と脱水症状

夏の気温上昇が激しい中で、愛犬を室内にお留守番させるという状況の方々も多くいます。そのような中、エアコンを付け忘れて愛犬を残して長時間家を空けてしまい、室内が高温になったところに、お水もなくなってしまい、熱中症にかかってしまったという事例があります。犬は人間のように汗をかきませんので、体温調節が難しい動物です。
熱中症にかかってしまった場合、最悪の場合、死に至ることもありますので、夏の室内の温度設定と水分補給は注意が必要です。特に温度の上がりやすい車中でお留守番をさせる場合も同じです。

室内での事故

誤飲を防ぐために、さまざまな物を隠したとしても、住宅の中には犬にとって危険なものがたくさんあります。室内で興奮した愛犬が走り回って、家具にぶつかって怪我をする事例があります。
犬の足に向かない滑りやすいフローリングで、股関節を痛めてしまうという事例もあります。
また、観葉植物を食べて吐いてしまったという事例もあります。観葉植物の中には犬にとって危険な植物がありますので、インテリアとして部屋に設置する場合には、愛犬にとって危険はないかどうかを事前に調べ、たとえ、危険がない植物であったとしても愛犬の届かない場所に置くなどしましょう。

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことTOPへ