日頃のスキンシップで見えない怪我や傷を発見

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことへアクセスありがとうです。ご覧のホームページは、犬の薬につきまして具体的に明らかにしたいと思っている皆さんに役に立つ内容いろいろあります!ご覧のホームページなら確実に皆さんの疑問に思っていることを解決できちゃいますよ! - 日頃のスキンシップで見えない怪我や傷を発見

愛犬を事故から守るために気をつけるべきこと

日頃のスキンシップで見えない怪我や傷を発見

特に長い毛の犬は、見えない所で怪我などをしてしまった場合に気づきにくいものです。日頃から飼い主が愛犬とスキンシップをとることで、怪我やできものや皮膚の悪い状態などを早期に発見することができます。

飼い主に触られるのが嬉しい犬に育てる

愛犬の傷や病気を早期に発見する為にも、日頃のコミュニケーションでスキンシップをとりましょう。体全体をなでてあげたり、ブラッシングをしたり、毛の内側の皮膚の部分を覗いて見てみましょう。
犬は、飼い主になでられるのが大好きです。子犬の頃から、たくさんスキンシップをとって触られるのが大好きな犬に育てましょう。
毎日、触ることで、日常のささいな変化に気づくことができます。例えば、耳の裏に小さな「かさぶた」ができていたり、長い毛の中にある皮膚にできものや傷を見つけたりすることがあります。
原因がわからなくても早期に発見し、動物病院で見てもらう事で、治療もスムーズになります。病気やアレルギーの場合もあれば、散歩や遊んでいるときにできた傷の場合もあります。
また、飼い主が日頃仕事などで家を空けることが多く、お留守番の時間が長い犬などはストレスを抱えていることがあります。足先をさわって、ふと濡れていることがあれば、寂しさから足を舐め続けているという場合もあります。足先を舐め過ぎて、赤く炎症を起こす場合もありますので、気づいたら、愛犬のストレスの原因を探って、早めにストレスから解放してあげることが必要です。

日常のお散歩では、他の人や犬にも慣れさせる

飼い主に触れられることを覚えたら、次は知らない人にも慣れさせましょう。散歩やドッグランなどでは、飼い主以外の人や犬がたくさんいます。
散歩中には犬嫌いな人に遭遇することもあります。逆に犬好きな人から、不意に触れられたり、他の犬とのトラブルに発展することもあります。飼い主以外の人や犬と接触しても、驚いたり、おびえたり、威嚇したりしなければ不要な事故やトラブルを避けることができます。

愛犬を事故から守るために気をつけるべきことTOPへ